2017年02月18日

プレイパーク(冒険遊び場)の紹介がありました

しらとり台世話人です。

定例の会議中、

世話人同士で、最近「プレイパーク(冒険遊び場)」の紹介を見かけるね、

と話して盛り上がりました

嬉しくなってお知らせです


@雑誌「VERY」の2017年2月号で、プレイパークの話題が取り上げられていました


都会の外遊び場所に集う親子スナップ写真は、ママさんたちもおしゃれで

気負わずに外遊びが出来るんだな〜と

感じられるものでした



A
公益社団法人 日本小児科医会のポスター
に、
子どもの育ちに「遊び」が大事、と謳われ、

その中に、「プレイパーク」の文字を発見


「遊びは子どもの主食です」ポスター
http://www.jpa-web.org/dcms_media/other/asobihashusyoku_161215_poster.pdf


昨年12月のYPCの10周年記念シンポジウムの土屋みち子先生も、

TVの視聴が子どもの成長に与える問題性を提議されていらっしゃいました。

TVだけでなく、スマホやタブレットなども生活の中に溶け込んで、

気づくと親自身もPCや携帯など電気機器に触れている時間が多いですよね。


子どものためだけでなく、自分自身のためにも、

自然の中でリフレッシュできる時間が大切な気がします。



B
日本NPOセンターと、電通の協業事業


特定非営利活動法人
「日本冒険遊び場づくり協会」のポスター


が作られたそうです。

「与えているのか、奪っているのか。」
http://bouken-asobiba.org/modules/news/index.php?storytopic=0&start=5


ビジネス界の大企業が、

社会のための事業活動を

こうした形でされているのを初めて知りました。


社会貢献活動への参加は、お金を投じることだけでなく、

本業の技術を社会に還元するやり方もあるのですね<

さすがプロ、心に訴えるポスターだなぁと感じます
posted by GUEST at 07:36| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: